エストロゲンを補充する

女性ホルモンの1つであるエストロゲン、ふっくらした女性らしい体つきにする、卵胞を成熟させる、妊娠しやすいように子宮内膜を厚くしたりおりものを分泌させる、シミやシワの予防、骨粗鬆症や血管疾患の予防、自律神経や脳の働きを整えるなどです。
生理が終了した時期から増え始めて、排卵期にピークを迎えます。
この頃は肌も心身ともに一番ベストな時期です。
そのあとは徐々に減り始め生理前になるとがくっと下がります。
イライラや浮腫、便秘や涙もろくなるなど心身ともに不安定な時期です。
日常生活を送るのも辛くなるような症状を生理前症候群といいます。
妊娠中はプロゲステロンとともに出産まで増え続け、妊娠の維持や乳腺を発達させ母乳をつくる準備をします。
そんなエストロゲン、40代になると減り始め、更年期障害が現れます。
そのホルモンを補充する治療があります。
ホルモン補充療法といい、薬や食事などでホルモンを補います。
しかし、この補充療法には副作用があります。
よく現れるのが不正出血です。
ホルモンを補充することにより、子宮内膜ができてしまい、出血を起こさせる消退出血があります。
他にも胸のはりや吐き気、胃の不快感やまれに静脈血栓閉塞症がおこる可能性があるので、エストロゲン補充療法をする場合は医師とよく相談してください。