月別アーカイブ: 2016年11月

様々な食品に含まれているエストロゲン

女性らしいからだ作りに欠かすことが出来ない女性ホルモンですが、食品から手軽に取り入れることが可能です。
エストロゲンはあまり聞き慣れない成分ですが、大豆イソフラボンなどの食品に豊富に含まれているのが特徴です。
エストロゲンは身近な食品に含まれており、大豆イソフラボンが豊富な納豆や豆腐はもちろんですが、卵やニンニクなどにも含まれています。
卵は毎日食べている方も多いのですが、ダイエットのために白身だけしか食べないと言う人も少なくはありません。
しかし、エストロゲンは黄身にも豊富に含まれています。
卵で効率よく摂取したい場合は黄身まできちんと食べることが重要となります。
大豆や卵など、日本人に身近な食品に含まれているエストロゲンは本来であれば意識していなくても、健康的な食事に心がけていたら欠如しない食品であると言えます。
しかしファーストフードやインスタントを摂取する方も増え、加えてダイエットなどによる過度な食事制限によって、安易に摂取していたエストロゲンが欠如していると言えます。
インスタントや過度なダイエットを辞め、昔ながらの和食を中心とした食事を取り入れることが、必要な栄養素を確保出来る秘訣であると言えます。

エストロゲンを補充する

女性ホルモンの1つであるエストロゲン、ふっくらした女性らしい体つきにする、卵胞を成熟させる、妊娠しやすいように子宮内膜を厚くしたりおりものを分泌させる、シミやシワの予防、骨粗鬆症や血管疾患の予防、自律神経や脳の働きを整えるなどです。
生理が終了した時期から増え始めて、排卵期にピークを迎えます。
この頃は肌も心身ともに一番ベストな時期です。
そのあとは徐々に減り始め生理前になるとがくっと下がります。
イライラや浮腫、便秘や涙もろくなるなど心身ともに不安定な時期です。
日常生活を送るのも辛くなるような症状を生理前症候群といいます。
妊娠中はプロゲステロンとともに出産まで増え続け、妊娠の維持や乳腺を発達させ母乳をつくる準備をします。
そんなエストロゲン、40代になると減り始め、更年期障害が現れます。
そのホルモンを補充する治療があります。
ホルモン補充療法といい、薬や食事などでホルモンを補います。
しかし、この補充療法には副作用があります。
よく現れるのが不正出血です。
ホルモンを補充することにより、子宮内膜ができてしまい、出血を起こさせる消退出血があります。
他にも胸のはりや吐き気、胃の不快感やまれに静脈血栓閉塞症がおこる可能性があるので、エストロゲン補充療法をする場合は医師とよく相談してください。

バストアップに効果的な店舗に関する詳細

バストアップを叶えたいならば、あらゆる店舗をチェックして、効果的と思われるところを活用しましょう。
まずは、バストアップに有効な下着を販売している店舗がおすすめです。
サイズが合わない下着を着用していると、血行が悪くなって、胸の成長に悪影響を与えるからです。
きちんとサイズを測定してくれる店舗ならば、安心して下着を購入することができます。
尚、必ず試着をすることがポイントです。
小さい下着は胸を締めつけますから要注意です。
大きすぎる下着は胸が垂れてしまう危険性があります。
また、確実にバストアップを叶えたいなら、エステサロンでマッサージを受ける方法が最適です。
プロのエステティシャンによるリンパマッサージは、老廃物を除去したり、胸の形を整えたりして、好影響をもたらします。
さらに、血行が促進されますので、つややかでハリのある胸を実現します。
尚、エステサロンを選ぶ場合には、店舗の数が多いところが便利です。
その理由は、予約が殺到したとしても、ほかの店舗を紹介してもらえるというメリットがあるためです。
定期的にエステサロンに通って、効果が高いマッサージを受け続けたならば、短期間で理想的なボディを手に入れることができます。

エストロゲンの測定方法

エストロゲンとは、女性ホルモンの一つで、卵胞を増殖したり、子宮内膜を形成したりする作用があります。
女性らしい体つきにする作用もあり、妊娠するまでの準備(魅力的な女性を作り、受精しやすくする)をつかさどるホルモンになります。
エストロゲンは、一つの成分をさしておらず、エストロン、エストラジオール、エストリオールといった3種類の成分の総称になります。
エストロゲンの測定を行う際には、一番作用の強いエストラジオール(エストロンの12倍、エストリオールの80倍)の測定を行います。
エストラジオールの測定は、採血により行うことができます。
測定のために必要な血液量は多くはないので、手軽な検査キットを利用し少量の血を採取してから郵送することで測定することも可能です。
エストロゲンの数値は、女性の生理周期によって大きく変化します。
ですので、正常な値かどうかを判断する上では、生理周期のどのタイミングで採血をしたかも確認する必要があります。
エストロゲンは月経のタイミングで一番低くなり、月経から排卵の間の卵胞期に増加します。
排卵後の黄体期も分泌量はそれなりに有りますが、月経にむけて徐々に減少していきます。
どのタイミングでも、10pg/mlを下回るようでしたら、非常に低い値といえます。

コラーゲンを取り入れてエストロゲンを増やしましょう。

エストロゲンを増やすのであれば、コラーゲンを積極的に取り入れましょう。
そうすれば、女性ホルモンが一気に上昇します。
コラーゲンを取り入れるときは植物性エストロゲンを食事から摂取するようにしたほうが良いのかもしれません。
豆腐や味噌などがお馴染みの食材なのでたっぷりとコラーゲンが吸収できます。
また、ごまや穀物類にはリグナンが含まれています。
このような成分は、体内でエストロゲンという物質に変化をするので非常に効果的な食材です。
この他にもビタミンCやビタミンB複合体などもエストロゲンの分泌を増やすので良いと言われています。
しかし、喫煙などはエストロゲンの分泌を妨げしまうので注意をしてください。
また、1日に2杯以上のコーヒーを飲む女性はコラーゲンのレベルが高いという結果が出ています。
したがって、オーガニックなどといった良質なコーヒーを定期的に飲むようにしましょう。
そして、コラーゲンの再生を促すようにしましょう。
また、ザクロも皮膚の細胞を修復するので若い肌を作り出すことができます。
生理不順や更年期障害などといった効果にも発揮をします。
この他にも、保湿や抗炎症作用にも優れているのでとても大切な栄養素です。

エストロゲンを減少させる原因

エストロゲンは思春期から40歳くらいの女性には、たいがい十分な量が分泌されます。
一般に、女性が40歳を過ぎると急激に分泌量が減少します。
その原因は卵巣の機能の衰えです。
これは年齢によるものでどうしようもない面があります。
しかし、それ以外の原因でもエストロゲンが減少してしまうことがあります。
生活の乱れによって自律神経が乱れると、40歳前であっても分泌量が減少しやすくなります。
この原因は女性自身の努力によって取り除くことができるものです。
ストレスをため込まないようにし、過労や睡眠不足を避け、規則正しい生活をして十分な栄養を摂るようにしましょう。
こうした努力によって、自律神経を正常な状態に戻せれば、40歳前のエストロゲン減少を食い止めることが可能となります。
生活の改善が難しく、ホルモンバランスが乱れたままになると、エストロゲンの量を元に戻すために治療が必要になることもあります。
その場合はホルモン療法や漢方療法を用いるようです。
エストロゲンが若いうちから減少したままにしておく、骨粗しょう症や高脂血症が早くから始まってしまうこともあり、非常に好ましくありません。
そのような状況を避けるため、規則正しい健康的な生活を送りたいものです。

胸のバストアップ効果がある成分であるイソフラボン

胸のバストアップに効果がある成分はイソフラボンになっています。
数多くのバストアップクリームに使用されています。
女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに関係がある成分になっています。
そのため、女性特有のなめらかな曲線を強調してくれる働きを持っているのです。
ホルモンバランスの調整に効果があり、ハリのある肌になることができます
胸のバストアップに効果があるイソフラボンを摂取することによって、女性らしさが増していくことを期待することができます。
胸のバストアップに効果がある成分のイソフラボンが多く含まれている食品は、豆腐や納豆といった大豆製品になります。
取り入れやすい食品が多くあるので、積極的に摂取することをおすすめします。
また、胸のバストアップに効果がある成分のイソフラボンは、血流の改善効果や更年期障害の予防効果も期待することができます。
そのため、胸だけでなく幅広い体質改善を促してくれる頼もしい成分になっています。
イソフラボンを摂取することで、女性らしい輝く毎日を過ごすことができるようになります。
そして、快適な体調に調整してくれる作用があるので、美容のみならず健康にも大きな影響を与えてくれます。

イソフラボンは代謝される必要がある

大豆に多く含まれているイソフラボンは、非常に健康効果があるポリフェノールとして、しばしば取り上げられてきました。
特に女性ホルモンのエストロゲンと構造が似ているため、エストロゲンの減少を補う役割を担えないかと期待されていました。
最近になって、イソフラボンがエストロゲンのような効果を発揮するには、腸内細菌によって代謝されなければならないことがわかってきました。
イソフラボンは大腸にいる腸内細菌によって代謝されると、エクオールという物質に変わります。
このエクオールがエストロゲンに似た働きをします。
エクオールをつくれる腸内細菌は15種類ほど見つかっていますが、これらは誰もが持っているわけではありません。
年配の日本人の5,6割、若い世代だと3割以下しかそうした腸内細菌を持っていないようです。
これらの腸内細菌を持っていない場合、イソフラボンはそのまま体内に吸収され、エストロゲンのような働きをすることは期待できません。
大豆を食べても女性ホルモンがもたらしているような効果を得られる人と得られない人がいるわけです。
これまではその違いがわかりませんでしたが、だんだん解明されつつあります。
イソフラボンを効果的に代謝できない人向けのサプリメントも発売され始めています。

母乳をあげた人でもバストアップは可能

女性の体は、妊娠、出産をすると女性ホルモンの働きによってバストの大きさがアップします。
出産をすると自然に、母乳が出るようになり乳腺が発達して2カップくらい大きくなる人もいます。
断乳すると、乳腺の働きも弱まりバストは自然に元に戻っていきます。
しかし、多くの女性が以前に比べて小さくなった、ハリが無くなったと感じます。
中には、サイズダウンがするのが嫌だからといって母乳をあげないという女性もいますが、母乳育児をしなくてもバストが垂れたという人も少なくないので、さほど関係はありません。
成長期を過ぎても、バストアップをすることは可能なので、諦めなくても大丈夫です。
バストアップをするのには、日々の努力が必要です。
即効性を期待するのではなく、毎日ケアをすることによって変化が出てきます。
断乳してからでも、ケアは出来ますが授乳中から行うことで効果が出やすくなります。
バストアップに1番大事なことはまずはバスト周りを保湿し、マッサージを行うことです。
クリームを塗ってマッサージすることで、刺激されバストアップに繋がります。
授乳中は無理は禁物ですが、母乳の出もよくなります。
腕立て伏せなどの筋トレをします。
胸の筋肉を鍛える事でアンダーサイズがアップし、胸を支える大事な土台になります。
ハリのあるバストは何歳になっても作れるので無理のない方法を続けることが大切です。

プエラリアの継続利用による効果とは

プエラリアはタイ北部やミャンマー山岳地帯等に自生している植物であり、マメ科のものであり、現地で芋のようにして食べる事が多く、プエラリラには女性ホルモンのような効果を秘めているものですから、継続的に摂取する事によって、女性は美しい体のラインを作れる可能性が高いものです。
プエラリアに含まれている植物性のイソフラボンやエストロゲン等は、女性ホルモンのような効果があって沢山含まれていますから、バストアップ効果等に期待出来るものであり、最近では美容サプリメントとしてこの成分を含んだ商品が出回っています。
バストアップやヒップアップといった美容効果だけではなく、更年期障害を和らげる働きもありますから、プエラリアは健康面や美容面でも有益な食材と言えるものです。
摂取してすぐに効果が出るのではなく、毎日継続摂取を行う事によって効果に期待出来るものですし、薬では無いので即効性に期待せずに毎日食べる健康や美容に効果のある食品として捉えた方が良いと言えます。
継続的に摂取が難しいという方でも、サプリメントでの摂取の場合は簡単に継続出来ますし、サプリメントの料金等をチェックして継続使用可能なものを選ぶ事が有効です。